小児科看護師を目指すなら知っておきたいことがすぐわかるサイト

小児看護のポイントは?

小児看護のポイントは?

小児科の看護ケアはとても難しいもので、熟練の看護師でも的確で効率的なケアを行うのが難しいこともあるほどです。熟練の看護師でも手を焼くことが多い看護ケアですので、まだ小児科の看護を始めたばかりの看護師にはなおさら難しく感じるはずです。ここでは小児看護のポイントを紹介していきます。

LINEで送る

小児看護について

小児というのは0歳から16歳前後の思春期までを指しており、小児科の看護師はこの幅広い年齢の子供を対象に看護ケアを行います。そのため子供の権利が侵害されるような虐待の早期発見や親権者に対する育児や養育のアドバイスといった部分でも活躍します。
小児看護の特徴には患者さんが0歳から16歳前後を対象としていることから、親や保護者の協力が必要不可欠になります。成人看護とはこの点がとても大きく異なる点となっているため、通常の看護スキルだけではなく子供の心を理解することや家族への指導についてといった配慮が求められます。また治療を受ける子供の負担や苦痛を最小限に抑えるために迅速で的確な観察も大事になります。

家族への指導

小児科の看護では子供を対象にしていることから、適切な治療をしていくためにその親や保護者の援助が必要不可欠です。未成年の子供は親権者に服する立場にあるので受ける治療の選択や意思決定の責任は親権者が持ちます。小児科の看護ではこういったことから親が子供の病気をしっかりと理解できるように情報を提供し、治療方針を決定するために十分なサポートをしていくことが大切になります。

成長の援助

成人に対する看護では治療を主体としたケアを行っていくこととなりますが、小児に対する看護では治療ケアは当然として心のケアや健全な成長のための援助を同時進行で行うことが必要になります。発達段階における心の変化は個人差があることからとても難しい部分でもあります。
そして小児の看護ケアは患者さんそれぞれで個人差が大きいので、熟練された看護師でも難しく感じることが多いです。入院する際にはどういったことに不安を覚え、恐怖を感じているのかを理解してコミュニケーションによって健やかに成長できるよう支援します。特に入院直後であれば親から離れていることや不慣れな環境下にいることで強いストレスを抱えることが多くなります。このストレスは負の要素になっているため、看護ケアではまずこの不安やストレスを取り除いていくことがとても重要なポイントとなります。

当サイト一押しの記事

「看護のお仕事」で探してみる
「看護のお仕事」で探してみる
小児科の求人を探してみよう!
小児科の求人を探してみよう!
子供と触れ合いながら看護スキルがアップできる!
子供と触れ合いながら看護スキルがアップできる!
小児科看護師が活躍できるのはどこ?
小児科看護師が活躍できるのはどこ?