小児科看護師を目指すなら知っておきたいことがすぐわかるサイト

子供と触れ合いながら看護スキルがアップできる!

子供と触れ合いながら看護スキルがアップできる!

小児科の看護師として働きたいと考えているのであれば小児科で働くメリットを知っておきたいのは当然だと思います。そこでここでは小児科で働くメリットについて紹介していきます。

LINEで送る

子供達との交流

小児科で働く一番のメリットとなることは子供達と交流して、その子供達を看護することができるという点です。小児科看護師の仕事は看護だけではなく子供達との交流も大切な仕事になります。子供達と一緒になって折り紙を折ったりお絵描きをすることも仕事の一つです。
そしてイベントのある七夕やクリスマスになれば子供達に楽しんでもらえるように企画をしたり、誕生日にはその子供をお祝いしたりするなどもあります。小児科で働くことで病気の治療に関する看護だけではなく、子供達に楽しんでもらえるようなさまざまな仕事をすることができます。特に子供が好きという人にとってはとても嬉しいメリットとなります。

医療処置スキルの向上

小児科看護師は小さい子供を相手に医療処置を行うため、医療器具自体も子供のサイズに合わせて小さかったりします。そのため医療処置スキルが成人向けの医療器具よりも扱いが難しく、そこで慣れておくことで成人に対する医療処置が驚くほど簡単になっていたりします。
小児科看護師として働くとこのように医療処置が向上するという点が大きなメリットと言えます。そして子供は成人と比べると注射や採血を嫌うケースが多く、こういったケースでも対応できるようになることも医療処置スキルの向上につながります。

医療知識が幅広く身につく

小児科の患者さんはおおよそ15歳までの子供になりますので、15歳までのさまざまな疾患を看ることになります。そのため小児科看護師はさまざまな疾患をもっている患者さんの処置をするため、医療知識が幅広く身についていきます。

対応力がつく

小児科では他の診療科目ではなかなか遭遇することのないアクシデントに見舞われることがあります。一人の子供が泣くことで周りの子供達が泣き出したり、点滴を自ら外してしまうなど予想外のことが起こりやすいです。
そのためこういったアクシデントに対応するための力が小児科看護師には求められることになります。このような場面に対応していくことが必要な職場ですので、働いていると自然とさまざまな状況にも冷静に対応することができる力が身についていきます。他の診療科に行ってもアクシデントに対応する力は大切ですのでメリットとなります。

当サイト一押しの記事

「看護のお仕事」で探してみる
「看護のお仕事」で探してみる
小児科の求人を探してみよう!
小児科の求人を探してみよう!
子供と触れ合いながら看護スキルがアップできる!
子供と触れ合いながら看護スキルがアップできる!
小児科看護師が活躍できるのはどこ?
小児科看護師が活躍できるのはどこ?